急な出費例を見ていきます。

タクシー代

東京などの都心部であれば電車での移動が一般的です。もちろん地方でも電車やバスなどの移動手段はありますので、タクシーを乗る機会はそんなにないかもしれません。しかも東京や大阪の人は、よく飲みに行くと思うのですが、終電に間に合うようにきちんと切り上げることができます。
ただし、いいことがあったり、悪いことがあったりした日は、お酒に飲まれてしまう日があるかもしれません。そんな時はたいてい終電が終わっていますので、タクシーなどを利用しなくては家に帰れませんよね?漫画喫茶などで過ごす人もいるようですが、営業職であればきちんと選択をしたり・身だしなみに気を使う必要がありますので、一旦家まで戻る人が多いようです。
もちろん家までの距離にもよりますが、数千円〜数万円かかるケースが多くなります。特に誰かをタクシーで送ってから自分の家に帰ると2万円かかってしまったということもあるようです。そこで財布にお金がない場合は、クレジットカードを使うか、家族を起こして借りるしかないですよね?

 

エアコンが壊れてしまった

家の中で壊れて、結構なお金がかかるものとしてはエアコンが挙げられます。ただし賃貸物件の設備としてエアコンがついている場合は、大家さんや不動産屋の方が修理業者に頼んでくれますので安心です。
だだし大家さんから見れば、嫌な急な出費となってきます。もちろん保証期間中に壊れても問題ないのですが、保証期間が過ぎた5年後くらいに調子が悪くなることも少なくないようです。さらに、壊れてなくても、夏の暑い時期にエアコンを使いすぎて、3万円以上電気代がくる家庭もあるようです。

 

会社を辞めたあとの税金

会社を辞めた後は、数ヶ月雇用保険でしのごうと考えている人も多いはずです。しかし、前年度の収入によって、健康保険料や住民税などを払わなくてはいけません。わたしも経験あるのですが、働いてない状態でこのような金額を請求されると、すごく生活を圧迫されると思います。
そのような時に、日常的によく起こる急な出費などと重なったらたまったものではありません。また高校までは義務教育となっているわけですが、あまり役に立ちそうもない知識よりも、税金のように生きていくうえで必要な知識をもっと教えるべきだと考えます。

 

ライフイベントによる急な出費

こればかりは急でも納得いく出費ではないでしょうか?結婚式に呼ばれることがあれば、一般的には3万円の出費になります。結婚式後の2次会イベントもありますので、プラスでお金が必要になってきます。
そしてライフイベントの中で予想以上にお金がかかるのが出産ではないでしょうか?
もちろん国民健康保険に加入していますので、35万支給されるのですが、入院日数が長引いたりイレギュラーな出来事があると、支払いが困難になる人も少なくないようです。

 

急ぎでお金が必要になったら⇒急な出費で借入するなら